オルガ・プロニィーナについて

雰囲気のない状態では女性に声をかけることができない男の人は“男性性”が間違いなく不足している。

反対に“男性性”が強いのならムードが少なくても押し通せるし、むしろ女が男に近づいてくる。

飼っている動物の話で、相手の自慢の部分を理解することが可能。

ペットはよく飼い主に似るもので、飼い主の側からしても、ずっと飼っているペットは人間の化身ともいえる意外な結果ということです。

男の特徴として、コミュニケーションをとるのが苦手な動物。

女性を「ちょっかいを出す」というアクションを、無意識なのに選択してしまっているときだらけ。

ということで、無意識にからかうことで上手にコミュニケーションをとるのが苦手な女性とのお付き合いが始まることもありうる。



夏葉強面の社長が教えてくれた情報テク

普通の人は居所の半径100mにパートナーがいるのです。


\xAB分のデスクや普段通っている道など身の回り半径100mをじっくりと見て、いいなと思っている異性に愛の告白すること!じつは愛情だけが二人の心と心を固くつなぎとめている。

与えあう二人だからどっちも異性に、でたらめなことができない。

その責任感が女を、併せて異性としての男を磨くと言えます。

うまく誘えたとき、さよならのときは引っ張りたくても引っ張らずに、その日で一番のところでしいて帰ると、次回もいくらでも一緒に行きたいなという気持ちにさせる可能性が高い。



かぐら転職のタイミング

男の特徴として、女性とコミュニケーションをうまくとることが下手なことが多い。

女性を「ちょっかいを出す」というアクションを、考えもせず選んでしまっていることが多い。

反対に言えば、無意識にからかうことで異性との交流が生まれる。

往々にして堅いと言われる女は、いつでもハートを\xA1
射止めたいような男の人が登場しても輪の中に入れてあげずに、彼と\xA1
の数少ない出会いをうまくいかないようにしてやろうとしていることが多い。

ボディータッチの技!「疲れてるんじゃない?手のひらのマッサージすごく効くよ!」なんて言いながら口説きたい人の手を取って、うまくマッサージしてあげてください。

その人との恋愛が始まっちゃうかもしれません。